2016年4月17日日曜日

新型車?新しいことを始めていきます!!

どうも、ISOLAでEサイクルを製作している@有安勝也です。(^o^)丿


2年ぶりくらいの久しぶりのブログ投稿です。
それまでは、ISOLAの中の人が書いてくれたりしていました。m(_ _)m
色々と製作や開発や、メンテや、企画をしたり、準備したり、、としていたのですが、やはり、自分で情報発信する大事さに気づき、今年から、Eサイクルを作りながら、ISOLAを通して実現したいことや、Eサイクルのことについて、書いていこうと思います。

ここ2年はEサイクルを製作し続けています。
ノウハウも3年前から比べるとたくさん貯まってきました。
折りたたみで軽快さを重視した006、走破性や乗り心地を重視した009、2機種ともバージョンアップを重ね、運転しやすく、整備性にも優れたと思います。

最近はフレームを内製で作るべく、試作も行っています。
一部分ですが、こんな感じです。


まだ、組立て途中ですが、バイクでも、自転車でもなく、両方の面白いところをいいとこ取りしたものにしたいですね。
自転車のようにもこげるし、バイクほど、場所を取らないのに、アクセルをひねると、ぐいっと走る。そんなEサイクルの良さをもっと、前面に出せるようにしたいです。

こちらはバッテリーを取り外さない方法を選びました。
理由は
・1充電で200km走ることが可能なバッテリー容量なので、重たい。
・重心を極力低くしたい
・バッテリーを隠すように配置して、もっと、どうやって走っているんだろう?みたいな、不思議な乗り物にしたい 笑


確かに取り外しの充電も便利です。
バッテリーを外せば、水のかかるところでない限り、どこでも充電出来ます。
ただ、そうじゃなくて、もっと、走りを追求したものを作っても面白いかなと思っています。

そうです。これは実験です!\(^o^)/

Eサイクル自体は最終的に、自然エネルギーのみで走ることを目標にしています。
ですので、コンセントさえも必要なくなるのが、目標です。
実際に、私は2年位前からDIYで作った太陽光発電システムで作った電気でEサイクルを充電して、通勤したりしています。

これをもっと、小型にして、シンプルにして、日当たりのいいところにEサイクルを置いておけば、勝手に充電してくれて、「コンセントで充電するのって、久しぶりだな~」とか言えるようにするのが、夢です。

密かに実験していますけどね 笑

こちらも、おいおいお見せ出来るようにしていきます。


それでは、製作も頑張りながら、楽しいことをどんどんやっていくつもりですので、暖かく見守って下さい!!\(^o^)/





---------------------------------------------------
東京・埼玉・愛知・兵庫でEサイクルの試乗ができるようになりました!!
引き続き、代理店募集中!
一緒にEサイクルを楽しみましょう!
また、コラボイベントなども絶賛受付中!
アイディア等、ぜひ声をかけてください。

折りたたんで車に積める自転車バイク IS006

鳥の声、波の音を聞きながら心地よく走る自転車バイク IS009

あなたの自転車、ISOLAで電動バイクにしてみませんか?

ご注文・お問い合わせはinfo@isola-japan.com

公式HP 【公式HP】



IS006の送料改定のお知らせ