2016年10月7日金曜日

漆とEサイクル。個性的なものを作っていきたい

@有安勝也です。

この2週間、Eサイクル納車の旅に出ております。(現在、山口県でまだ道中です)
今回は佐賀、福岡、島根、鳥取、兵庫、大阪、石川、茨城、東京、名古屋、大阪、大分とまわっています。

先日、ソーラーを取付けた、キャラバンはとても快適です。
ーー発電する車を作ってみたーー

ソーラー発電で、Eサイクルのバッテリーを移動中に充電。
夜の車中泊時や移動中の電源などに使用しています。

交流に変換する時は、先日、紹介した、インバーターを使っています。
ーーEサイクルのバッテリーを非常電源として活用するーー

直流48Vを交流100Vにダイレクトに変換できるので、今までの、12Vに変換してから、交流に変更するときよりも効率が良いです。
半年ほど使用していますが、これも、オプションのラインナップに入れる段階に来たと思っています。


旅するバイク屋さん


旅をしながらの仕事はとても楽しいです。


現地のお客様や、旅先での出会い、その場所の雰囲気、食。
刺激をうけるなかで、道中は色々なアイディアが思いつきます。
これからの展開や、新型車のこと、製造工程のこと。
これらを書き留めて、現場での仕事に活かしていきます。

漆とEサイクル

今回、石川県は輪島市にお邪魔しました。

朝市なども見学しましたが、今回は、Eサイクルと漆のコラボについて、訪問したのが、一番の目的です。




輪島塗りを6代続けられている職人の方から色々とお話を伺いました。






漆塗りの技法や、漆の耐久性や、メンテナンスの事、技法や、特性まで。

今のところ、はっきりとしたことは決まっていませんが、伝統工芸とEサイクルを組み合わせて、個性的なバイクを作りたいと思っています。

原付試乗は衰退してきていますが、僕はEサイクルを5年作って、お客様とお話をしていく中で、まだまだ需要はあると感じています。
視点を変えたり、新しい使い方を提案したり。
そういうことはISOLAにとって、とても大事だなと実感しています。
個性を大事にする時代でもありますし、実際にEサイクルを買って頂けるお客様からは、他にない商品だから、購入したというお声も頂きます。
そして、伝統工芸とバイクのコラボレーションという発想は僕にとって新鮮で、とても興味をそそられるものでした。
ということで、実現してみようと思います。
また、形が見せられるようになったら、報告します~





---------------------------------------------------
東京・埼玉・愛知・大阪・兵庫・福岡でEサイクルの試乗ができるようになりました!!
引き続き、代理店募集中!
一緒にEサイクルを楽しみましょう!
また、コラボイベントなども絶賛受付中!
アイディア等、ぜひ声をかけてください。

折りたたんで車に積める自転車バイク IS006

鳥の声、波の音を聞きながら心地よく走る自転車バイク IS009

あなたの自転車、ISOLAで電動バイクにしてみませんか?

ご注文・お問い合わせはこちらまで

公式HP 【公式HP】




IS006の送料改定のお知らせ